栗のお酒を飲む栗本

「あなたにとって、『お酒とは』一言で言えば、なんですか?」
 と問われれば、僕はこう答えるだろう。

「その日、そのとき、その場所でしか飲めないお酒との出合いであり、別れである」
 と、もはや一言では答えられない存在だ。

 そんな僕が、「とうとう見つけたぞ!」と跳び上がって喜ぶようなお酒に、久しぶりに出合ったの、であった。

栗のお酒?

ものすごいものに出合った。
 厳密に言えば日本酒ではないのだけど。

 日本酒「やたがらす」で有名な奈良県吉野郡にある蔵元、北岡本店さんから出されているリキュール。「やたがらす 吉野物語 くり」

 めっちゃおいしい!
 味だけの評価に留まらず、僕の名前が「くりもと」だから、っていうのも加味しているけれど、それも出合い。

 日本酒が苦手な人にもオススメだ。
 モンブランをイメージしてもらえれば、味の輪郭は見えてくるかと思う。

 同じシリーズで、かぼちゃもある。
 こちらも、めちゃくちゃおいしかったけど、僕の名前が「くりもと」だから、残念ながら、B面的な位置で扱わせてもらう。気持ちとしては両A面。
 僕の名前が「かぼちゃもと」とか、「なんきんもと」だったら、こちらを先に紹介していただろう。

 自信をもってオススメしたいと思う。是非お試しあれ。

スポンサーリンク