「酒役」の主役

 このたび、noteで、小説の連載を開始した。

 1話(1合)につき、3~5分で読めるくらいのボリュームにしているので、ちょっとした合間にでも読んでいただきたい。
 続きものだけど、どこから読んでも楽しんでいただけるようにしている。

 マガジン『酒役~しゅやく~』

 1週間に1話(1合)くらいのペースで、更新していく予定だ。
 ありがたいことに、「続きはまだですか?」という声をいただいているので、第2話(第2合)は、できるだけ早くアップしたいと思う。
 たしかに、日本酒で換算して、1週間に1合では物足りないだろう。
 かといって、1週間に1升では、酒飲みと言われてしまうので、やはり1合でいいと思う。たしなむ程度だな。

トップ画も素敵に


 小説連載にあたり、トップ画をきちんとしたものに設定しようと考えた。
 なぜなら、毎回、目に入るものだからだ。
 いわば、小説の顔。
 ……小説の顔が文章ではなく、絵というのも素敵な矛盾だ。

 自分で絵を描くのも1つの手だったけど、絵を描くことに関しては僕は素人。手を抜きたくなかったので、やはりプロに依頼することにした。

 前にもご紹介した、とよたま(酒っ子)さんだ。
 彼女のイラストは、見ていてワクワクする。
 読者のみなさまに、まず「ワクワクしていただきたい」と思っているので、トップ画にはピッタリだと考え、お仕事を依頼した。

 快く承諾していただき、なんとも素敵なイラストを仕上げていただいた。
 僕の連載小説に咲いた花だ。

 あらためて、とよたまさんに感謝申し上げます。ありがとうございました。

 いよいよ本格始動した作家活動。
 ……いままでも本格的やったけどね!

 いま僕は、門出を迎えている。

スポンサーリンク